ホシノマチテック

MISSION

理念

1

隠れた価値を透明化

2

価値を正しく発信する

3

リアルな物語を届ける

WHAT WE DO?

何をやるのか

モノ・サービスのいい部分も悪い部分もすべて開示し真実を明らかにする モノ・サービスの"真の価値"を等しく発信する 世界中にあふれる"モノ・サービスの物語"に触れる機会を提供する

FOR WHOM WE DO?

誰のためにやるのか

  • 1
    モノやサービスに懸ける想いがまだまだ認知されていない『ものづくりに携わるすべてのクリエイター』のため
  • 2
    地域特性を活かしたモノ・サービスの開発で地域おこしの一歩を踏み出そうとするすべての人々のため
  • 3
    普段何気なく使うモノやサービスの"真の価値"を知ることで、日常生活をもっと楽しくしたいと願う世界中のユーザーのため

WHY WE DO?

なぜやるのか

  • まだまだ不透明なモノやサービスの真の価値が世の中にはたくさん眠っていると思うから
  • 真の価値が認知されない課題を抱える"ものづくりに携わる人"と共に地域を盛り上げたいから
  • 真の価値を発信することで世界中の人々の日常をちょっぴり楽しくしたいから

FORMATIVE EXPERIENCE

原体験

入居者が増えず、存続危機にあった地方の団地。
移住者向けの先進的な取り組みがたくさん行われている魅力的な団地だった。にも関わらず入居者がまったく増えない。

理由を深堀りしてみると、そもそも存在自体が知られていなかった。
その後、SNSやWebサービスを活用し『団地の良さや取り組み』を情報発信すると短期間で入居者が増えた。

もしも、SNSやWebサービスで情報発信できていなかったらどうなっていただろう。
その団地はもしかしたら無くなっていたかもしれない。

世間はすでに、資本力のある企業の商品やインフルエンサーが紹介したサービスに注目が集まる仕組みになっている。
私たちはいま、自分の意思でモノやサービスを買っているのだろうか?それとも買うように誰かに仕向けられているだけなのだろうか?本当のモノやサービスの価値とは一体何なのだろうか?
団地の入居者を増やす取り組みに参加していた時、そんなことをふと思った。

発信力が無いだけで、まだ日の目を浴びていない良いモノやサービスは世界にあふれていると思う。
僕はそんなモノやサービスで部屋をいっぱいにしたい。
茶碗一つ取っても職人の想いが詰まった物語が白米と共に飛び込んでくる。そんな日常はなんだかいまよりずっと楽しそうだから。

HOW WE DO?

どうやってやるのか

ドキュメンタリー × 地域のモノ・サービス × オンラインショップ × クラウドファンディング
コンテンツデザインサービス
いいモノ見える化計画

BUSINESS

事業内容

COMPANY

会社概要

BLOG

起業までの活動報告

Machida Shinya
代表ブログ
『地方団地住みエンジニアが社長目指してみた』

INFORMATION

お知らせ

お知らせはまだありません